スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重大事件発生と警察の対応

群馬の被害者の方が鍬(くわ)で襲われそうになりました。 masuraoさんは以前から集団ストーキングの被害にあっており、自宅近辺の人たちから、集団的な被害を意識的に作られたり、テクノロジー(電磁波)の悪用でいろいろな個人的な嫌がらせをされてきた被害者です。
masuraoさんは行動的で、この被害に真っ向から立ち向かってきた人です。 ご支援ご協力お願いします。

集団ストーカー被害 貶められる日本人からの引用です。  ※拡散希望※


引用開始

重大事件発生と警察の対応

 まずこの動画を見てください。



 事の経緯を説明します。

 去る6月25日午後6時過ぎ、私が2階の自室から家の公園側に位置する台所に 立つと、いつも自分の存在を察知して騒ぎ出すと思われる子供たちが例の如く大騒ぎをしてきました。いつもの如く「アー」「キャー」といった特定のアンカリングの言葉を何の 脈略も無く大声で叫びだすのです。それを諌めるため最近は外に出て直接 注意をするようにしていたので、公園まで行って注意をしました。その際、集団ストーカー犯罪の被害者にとっては当然ですが、風評を避ける意味もあり、小型のビデオを持って撮影しながら注意をいたしました。これは当然集団ストーカー犯罪の集団行動原理を証拠保全する為の正当な行為との認識に基づいております。

 その帰りの際、例の39-39とか25-25、17-17等の所謂カルトナンバーの車が大量にやって来るのでそれを撮っていたところ、タイミング良くやって来たおじいさんがおりました。一瞬、ビデオをそちらに向けて撮って通り過ぎると、ちょっと間を置いて「何やってんだ」と言われ、「こんばんは、どこの人?」と聞きました。すると前のうちの住民との事ですが、その時点では南前の家の住人という認識はありませんでした。そこで 少し突っ込んで聞くとN家のじいさんと初めて認識しました。そこで自分は普段から そこの住人にいつもタイミングを合わせて騒音、ガスライティング等の嫌がらせをされている認識から、集団行動原理に基づく証拠保全を口頭で告げ、していましたところ、口論となり、待っていろと言われ待っていると、鍬を持って物凄い勢いと形相にて「コノヤロー!」と襲われかけました。恐怖に慄き(おののき)ながらそこですかさず動画の録画スイッチを押すと、なぜかぴたりと動きを止め、「殺しに来たのか!」と聞いても「仕事だ」と訳の分からない言い訳を言い出しました。その顛末は動画で映っている通りです。

 その後の流れをざっと書きます。

 隣人に鍬で襲われた後、110番通報したが、なぜか通報者より先に加害者に事情聴取に行っていたらしく、警官が自分の家に到着するまでに30分以上掛かった。その事を問いただすと、キレ気味に他の事件があった為と恫喝、その後(skypeを立ち上げて大阪のBG氏、会長のKF氏を繋いでいたので、複数の人間がこの状況を知っている事となります。)こちらの要件、説明にあまり聞く耳持たない感じであった。怒鳴った警官はうちの母親に自分の事をいつからこうなのか?とまるでおかしい人物に仕立てあげるがごとく誘導尋問をしていた。そしてskypeに他の人間がいる事を理由にその後の一切の状況確認を拒否。こちらの催促により、加害者を連れて来ての実況見分を始めるが、なぜか警官2人と加害者とその息子で計4人対自分1人での不自然な見聞とその際自分に対して冷静に話をしろと上から命令する口調で言われる。それでは公平(どころかこっちは殺されたかもしれない被害者)な見分ができなので、訴えるというとそのまま帰って行った。その最中終始自分に対して態度の悪かった警官は動画撮影について勝手に流すなと牽制し、何に流すなという事か聞いても警察は許可がいるとの一点張りではぐらかしていた。帰った後、違う警官から家に電話が掛かってきて、その後、家に2人で来た。今度はちゃんと対応するかと思いきや、また、skypeを理由に聴取を拒否して帰って行った。電話にて県警に抗議1分以内に所轄より折り返し電話があると言われ、待っていたが、こちらの催促まで1時間半以上掛かってこない。再度の確認の電話の後、掛かって来るが自分たちの態度のどこが悪いのか聞き返して来る。この後、夜0時近くにも関わらず自宅やって来ると言う。その時点で警察の対応に対して不信感の極みのような状態であったため、その日の自宅訪問を断った。

 翌日、告訴を前提として検察に相談すると、そう言った事はまず、県警の監査室へ電話せよとの助言を貰い、監査室に電話する。監査室に電話で説明すると、所轄の担当に電話をして、折り返し掛けてくれるという。暫くして掛かってきたのは、全く関係ない留置管理課の人間でたまたま当直でその日の責任者であったからという。その割にはこの案件に対し知っているはずなのに聞くと言葉を濁したので最初から説明をした。そして、自分に対しどういった事を望むのかと聞いてきたので今までの不信感もあり訴えたいと言った。じゃあどうぞとなったが、大阪のBG氏が電話をすると、留置管理の方は私(masurao)に被害届を持ってくるよう言ってくださいと言葉が変化した。持って来るよう言ってっくださいとは、被害届を受理してくれるものだと普通は思う。そして翌日被害届を持って行く運びとなった。
 
 翌日被害者の会代表のkingfisher氏と共に所轄の警察へ被害届を持っていくが、どうも雲行があやしく、最初に冷静に話しましょうと言われ了解すると、それはこちらが少しでも反論に熱くなるとすぐにそれを持ち出す、枕詞の如く使われ牽制された。そして、自分たちが会話の録音をしているとプライバシーやセキュリティーと言った言葉で抗議され、録音、録画を止められる。本来お願いをする程度までしか許されないらしいのだが、かなり強制的な物言いをされ、強く制止されたため、止めざるを負えない雰囲気に持ち込まれた。

 それだけに留まらず、それまで所内で撮ったもので消すよう言われる。消した後もバッグの中身、ズボンのポケット、財布の中身まで外に出すよう強く言われた。携帯やICレコーダー、小型ビデオ、デジカメといったもの全く関係ないメモリー内のファイルを強制的に調べられ、再三拒否した携帯メモリーの中身の全ファイルまで調べられた。(その際、KF氏が携帯を持っていないとは一言も言ってないのにKFさんに聞きもしなかった。)、そして、カメラやビデオのメモリーを外に出させられその場で2度と撮れない状態を維持させられた。自分がメモを取っている言葉にもチェックを入れてきて、先方が言った言葉なのにさらに訂正を求められた。KF氏が取っている議事録も見えるようにと指導された。その後もこと有る毎に揚げ足を取られこちらが被害を訴えていて、証拠動画を見せたにも拘わらず、加害者の擁護と取れる発言を繰り返し、事件性が無いんじゃないかと言われ、被害届はいったん引っ込めるよう促されたが、それは警察がこの案件を自ら捜査してくれると思いカバンの中に入れると、自分の意志で被害届を引っ込めたと強弁され、その後被害届提出を一切拒否し、最終的にその日は被害届を受理しないと断言すると警察自ら言う。今回もまるで犯人の取り調べのような状態であった。

 以上の経緯を踏まえて、裁判での闘争を決意するに至りました。被害者の会メンバー並びに集団ストーカー被害者の皆様、この案件は私事ではありますが日本全国で多くの罪なき被害者が遭われる理不尽な扱いの象徴と思います。ぜひご支援、ご協力をお願い申仕上げます。

 また、余談ではあるが、なぜか警察との話しの最中、自宅で感じているのと同じような、床から低周波振動がしたり、左側頭部の痛みをずっと感じていた。そして、普段から町や自宅周辺で大量に現れるアンカリング工作員と同じ仕草をしていた警官が終始周りに現れていた。

引用終了


街宣予定
7月9日(土)に「福岡県被害者の会」では、長崎駅付近で街宣を行います。集合は午前11時、JR長崎駅改札口です。


カンパのお願い (集団ストーカー被害者の会ネットワーク)
本ネットワークの活動は、個人の積極的な意志と力に依存しています。 集団ストーカー犯罪被害を社会に知らせ、犯罪の撲滅の活動と今後の展開を拡大する為に、資金面でのご協力をお願いします。


テクノロジー被害者、集団ストーカーの被害者の方、近県、近隣の被害者方、自分宛にコメント又は masazi456@gmail.com にメール下さい。
仕事、加害によって連絡が出来ない事もありますのでご了承ください。



日本全国で700人以上の被害者がテクノロジー犯罪によって人権を侵害されています。
統合失調症、鬱、パニック障害の方などの症状とも似ており、見当がつかない人も多数います。
皆さんのご協力宜しくお願いします。
スポンサーサイト

私の知りうるすべて

集団ストーカー問題を克服する
http://bubblering11111.blog135.fc2.com/

今回は、sunameribubbleさんの被害経緯についてご紹介したいと思います。



~引用開始~

私の知りうるすべて
~これ以上凄惨な被害者の結末を導かないために~
-最終更新日:2011年2月21日(月)-

これまでの私の置かれた経緯をすべて述べることにします。できるだけ多くの方に知っていただきたいことです。 (2月21日に記事を追記しました 下をご覧ください)

①昨年の参議院選に立候補する可能性があった

②その後加害者の攻撃が異常なまでに激化した

③まったく外出できない状態が続き、精神病院におかしな入院のさせられ方をした

④多くの有力者の間で解決の認識が広まった

⑤解決する側は私を今度の統一地方選挙に立候補させたい


 今回は、これらの経緯について詳述します。この記事は、しばらく最上位に掲載します。今を置いてこの問題の解決はありません。できるだけ多くの被害者の方に知っていただきたいことです。また、被害を受けたことがない方にもこの問題の解決はここまで進んでいるということがお分かり頂けると思います。最後までお付き合いいただけますと幸いです。


①昨年の参議院選に立候補する可能性があった

 これは以前ブログに書いたことです。私がネット上の掲示板でこの問題を訴えていることが現政権与党に伝わったのでしょう。現政権は野党への牽制としても利用できるために私を参議院選挙に立候補させる動きを進めました。このとき、加害者による徹底的な妨害に遭っています。しかし、この時すでに世間の有力者に一気に認知が広まりました。


②その後加害者の攻撃が異常なまでに激化した

 立候補を断念せざるを得ない状況に至り、民主党が選挙に敗北しました。このことを受けて、加害者側が加害行為をエスカレートしてきました。異常なまでに強いテクノロジー被害を受けるようになりました。立候補の話がある前は地方であるため人による嫌がらせばかりでした。それが私の家の周囲に加害者が一気に集まってあらゆる攻撃を私に行うようになりました。しかし、事態を重くみた政権側は私へのサポートを加害者と同じ技術で行うようになりました。具体的には「意識への介入」を可能にする技術で助言などのサポートを行ったり、マスコミによる報道でこの問題を反対している方のメッセージを発信することなどです。


③まったく外出できない状態が続き、精神病院におかしな入院のさせられ方をした

 そして精神病院の入院です。時期としては2010年の11月~12月です。

 この時にも味方の意識への介入でサポートを受けました。具体的には、看護師にテクノロジー犯罪のことを説明するように促したり、退院に結び付けるように行うべき行動を意識への介入で教えてもらったりしました。

 ここで皆さんにもしもの時のために助言ですが、あらかじめ家族を説得してこの問題の理解を得ておいてください。そしてもし入院させられたら、家族の同意によって入院の契約を破棄することができます。これは法律上で定められたことで、家族の同意がなければ入院を続けられないからです。破棄することによってただちに退院へと結び付けることができます。私のケースでは入院が3か月必要だといわれたことに対して2週間で退院に結び付けることができました。また、テクノロジー犯罪の33名の被害報告集を看護師に見せるのも効果的です。


④多くの有力者の間で解決の認識が広まった

 このマスコミによるサポートですが、例えば入院時に民主党の岡田幹事長や自民党の宮澤洋一参議院議員によるサポートのメッセージをマスコミに織り込んで放送してもらっています。岡田氏がNHK7時のニュースで、宮澤氏に至っては国会中継の放送で私に温かいメッセージを送っています。ほかの議員さんからもメッセージを頂いています。広島県の湯崎知事や秋葉市長も私にメッセージを出してきました。私のブログに掲載している有名なスポーツ選手や芸能人の方、海外の有力者の大多数が私にメッセージを出してきました。

 メッセージに呼応するように私がそのメッセージを出した方の記事をこのブログで書く。このような方法によって世の中の有力者の間で解決の共通認識を培ってきました。ここでメッセージの出し方の一つを紹介します。冒頭のスナメリの写真、このスナメリがバブルリングを吐き出している口に注目してください。この口の形をした顔写真を新聞に掲載したり、テレビの放送でこの口の形をすることによって、その人物がこの「集団ストーカー」に反対していることを公的なメディアで発表するというものです。直接的に報道すればその人物は命の危険があることは被害者のみなさんはご存じだと思います。それをこのような方法によって安全に有力者に認知を進めるわけです。昨年の夏ごろから現在までの読売新聞をはじめとする主要新聞、特に1面にこの口の形で掲載されている方は、同意を得てこの問題に反対であることを表明しているとお考えいただいて構いません。ちなみに、一番最初にこの試みを行ったのがNHK7時のニュースの武田キャスターです。そして、このスナメリの写真は朝日新聞社さんからお借りしています。その他、様々な方法で有力者がこの問題に反対であることを公的なメディアで公表してきました。その数は数百人、もっといるでしょうか。日本だけにとどまらず、諸外国の政治家、スポーツ選手なども私に対して同様のメッセージを出しています。また、主要ニュースのキャスターはほとんど問題に反対するメッセージを番組の中に織り込んでおり、中にはお名前を存じ上げない方もおられますが、メッセージを出していただいたほぼすべての方のお名前がこのブログに収録されています。

 もはや解決されるベースはできていると言って過言ではありません。今まで黙ってきて申し訳ありません。メッセージを出した方が危険な状況になることも考えられたので迂闊なことはできませんでした。しかし、被害者が相次いで凄惨な結末に至っているために黙っているわけにはいかなくなりました。

 被害者のみなさんはこの事実をできるだけ広めていただければ幸いです。何度も言いますが、私のブログに掲載している人物のほとんどがこの問題の存在を知って憂慮したうえで私にメッセージを出しています。


⑤解決する側は私を今度の統一地方選挙に立候補させたい

 最後にこのことを申し上げます。これらのことを受けて、この問題を公表しても問題に反対する人たちのスクラムが形成された状況であり、犠牲が発生しない状況が作り上げられてきました。もはや公表の一歩手前にまで来ています。そして、サポートしている味方は私を次の統一地方選挙に立候補させたい意向を強く持っています。

 しかし、本日の朝日新聞にもありますように、与党が紛糾している状況にあります。そして悲しいことに、現政権に反対する立場の与党議員が加害者と加担してこの問題が公になるのを強く妨害しています。もともとはブログ作業を強要するなどの行き過ぎたサポートを行っていましたが、現状況で政争のためにこの技術を用いて加害行為を行うに至っているのです。これはまさに時代の逆行です。許されるべきことではありません。本来なら昨年の12月にこの問題が公表できる状況にありました。それを彼らが妨害することによって現在まで公表することができていません。

 はっきり申し上げて、被害者の中であまりにも凄惨な結末となっておられる方が続出しています。このような状況にありながら解決を妨害することは犠牲者が発生することを助長するようなものです。被害者の皆様におかれましては、民主党のこのような状況を必ず注視してください。もはや加害者だけがこのような加害行為を行うわけではないのです。政争のために利用される技術なのです。


 最後に、被害者は歴史上まれにみる人権侵害を受けているという一点で今このとき団結すべきです。今を置いて解決のチャンスはありません。できるだけこの事実を拡散していただけますと幸いです。公的な解決を引き出すために皆さんで協力できたらこの上ありません。何卒よろしくお願い致します。

~引用終了~




テクノロジー被害者、集団ストーカーの被害者の方、近県、近隣の被害者方、自分宛にコメント又は masazi456@gmail.com にメール下さい。
仕事、加害によって連絡が出来ない事もありますのでご了承ください。



日本全国で700人以上の被害者がテクノロジー犯罪によって人権を侵害されています。
統合失調症、鬱、パニック障害の方などの症状とも似ており、見当がつかない人も多数います。
皆さんのご協力宜しくお願いします。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
カウンター
Ajaxカレンダー、Treeアーカイブ
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

masazi

Author:masazi
福島県いわき市に住む30代の男性です。以前近くに住んでいたあるグループから電磁波被害を24時間受けております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
投票
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

読書カレンダー本棚ミニ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
訪問者

ジオターゲティング
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

投票
無料アクセス解析
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。